お手を教えよう

犬にとって実は「お手」のしつけは、生きていく上でほとんど意味のないしつけです。しかし、多くの人は、「お手」こそ犬のしつけの基本だと思っているようです。でも犬のしつけの代名詞の「お手」をぜひおぼえさせたいと思っている人も多いでしょう。「お手」のしつけは、飼い主を主人と認め従順に従う犬に育てるためのしつけ、という考え方で「お手」のしつけを行うといいでしょう。

まず愛犬をあなたの正面でおすわりをさせましょう。その状態で、犬の右前足を軽く握って持ち上げて、自分の手のひらをひろげて「お手」と繰り返し言葉をかけます。できたら十分に褒めておやつをあげましょう。一連の動作を繰り返すことで「お手」ができるようになってきます。「おかわり」は犬の左前足で同じ手順を繰り返してしつけていきましょう。

愛犬との信頼関係を築くためには犬とのこみゅみケーションが需要になってきます。そういった意味では、お手も十分役に立つしつけだと言えるでしょう。

犬 吠える