インプラント治療で重要なこと

治療を受ける際の基本はどのような場合も変わりませんが、インプラント治療で重要なことは信頼できる歯科医と出会えるかどうかです。治療に必要な技術が高いことは言うまでもありませんが、検査の方法や検査の結果の判断基準、手術後のアフターケアの充実などは全ては歯科医の裁量にかかっており、医師によってその差は大きいのです。インプラントは、他の治療に比べても、歯科医によって仕上がりの差が大きい治療法だと言えます。まずは、既存のデータを集めて、最良の歯科医を見つけることがその後の快適なインプラント生活を決定づけるのです。インプラントの手術後は、しばらくの間は周囲の自分の歯が浮いたような感覚になります。人工歯根を埋め込んだことで、その他の歯の神経も影響されたことが原因で、しばらくすれば正常な状態の戻ってくるので、気にしないでください。実は他の問題が隠れていたということもありますから、インプラントがなじむまでの間は定期的に歯科医の診療を受け続けるべきです。初めてインプラント手術を受ける人は痛みはどのくらいなのか、心配でしょう。インプラント埋入手術では、術中、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。施術を始める前に麻酔の効き具合をしっかりチェックするからです。手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては多少の痛みはあるかもしれませんが、麻酔が切れた時の痛みに備えて、頓服薬を処方されるのですぐに痛みは沈静化してきます。